むし歯の治療について

【MI(minimal intervention)の考え】
まず削るべき歯であるかどうかをしっかりと診査します。その上で、やむを得ず歯を削る場合も、できるだけ削る量が少なくてすむよう最新の器具を用いて侵襲が最小限ですむよう心がけています。また、削った後のかぶせや詰め物に最新の材料を用いることで、削る量を少なくすることもできます。

【むし歯の治療=削ること?】
むし歯の治療は、削って詰めること、と思っていませんか?もちろん削って詰めることが必要な場合もありますが、原因を取り除くことがまず大切な最初にすべき「治療」です。
たとえば、初期のむし歯は削らずに治す(元に戻す)ことが可能です。原因を取り除き(食生活やブラッシングの改善)、プロケア(PMTCやフッ素塗布)をおこない、経過をきちんとチェックすることが重要です。最終的に削ることになっても削る量を減らすことができます。
削って詰めることは、悪いところを取り除いて人工物に取り替える、いわば「外科治療」です。わたしたちは、できるだけ原因を取り除いて改善させる「内科治療」で健康をとりもどせるよう心がけています。

【神経を残すこと】
以前は歯の神経をとることを躊躇しない時代もあったようですが、現在は可能な限り神経を残すことが推奨されています。神経をとることで歯の寿命は短くなってしまいます。たかぎ歯科医院でも神経をとらない治療を心がけています。
むし歯菌のいる部分は完全に削りとるのが歯科治療の原則ですが、そうすると神経までとらなければいけないと思われる場合はあえてむし歯の部分を残し、進行を抑え再石灰化をうながす薬剤でフタをして、経過をみます(暫間的覆随法)。数ヶ月後にフタを外して神経が残せるかどうかを判断します。
(むし歯の場所、進行の程度によっては、この方法を用いることができない場合もあります)