障がい・内科疾患のある方へ

院長・高木景子は、大阪大学歯学部付属病院勤務中、歯科麻酔学を専門とし、全身麻酔のほか、内科的な疾患や障がいのある方の歯科治療を専門に行って参りました。(日本歯科麻酔学会認定医、日本障害者歯科学会認定医を取得)

循環器、呼吸器など、内科的な病気を合併している方
脳性まひ、自閉症、知的障がいなどの方
恐怖感の強い方の歯科治療(笑気ガスなどの精神鎮静法を併用)

以上のような方で、一般の歯科診療所で治療が受けられずにお困りの方は、一度ご相談ください。

【内科疾患のある方】
他科の主治医と連絡を取り、患者さまの病気の状態にあった治療法を選択します。心電図や血圧計などのモニター・AED・救急薬品等を備え、検査や救急処置の研修も十分受けていますので、ご安心ください。

【障がいのある方】
患者さまのできることとお口の状態を合わせて検討し、その方にとって最適な方法を選択します。また、苦痛なく検診や治療ができることを目標に、簡単なことから少しずつ練習を積んでいけるよう時間をお取りします。(障がいの程度やお口の中の状態によっては、全身麻酔による歯科治療をお勧めすることもあります)

【歯科治療が怖い方】
歯の治療が苦手な方へ をご覧ください。